官兵衛の跡取り黒田長政


黒田官(くろだかん)兵衛(べえ)(よし)(たか) 隠居後(じょ)(すい)、通称黒田官兵衛は今日知られた人になりました。NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」やその前の司馬遼太郎の作品「播磨灘物語」で取り上げられました。

 もちろん戦国時代が好きな方にはずっと以前から外せない歴史上の人物です。

 今回はこの有名人の官兵衛でなくその息子で跡取りの長政について語りたいと思います。

 長政は福岡藩52万3千石の初代藩主です。父親の官兵衛は秀吉から九州の豊前国の六郡(福岡県東部から大分県の北部にかけて)を領する12万石の大名に封ぜられていました。

黒田家が大大名になれたのは関ケ原の合戦で息子長政が徳川家康への功績による恩賞です。

 黒田家のルーツです。

 はっきりしているのは長政の祖祖父重孝が播磨国(兵庫県)にやって来て目薬屋を初めて成功し、地侍となり地元の小寺(こでら)御着(ごちゃく)―姫路地方)に取り立られ奉行人の地位になりました。

 祖父の(もと)(たか)も小寺家に仕え当主(まさ)(もと)に重用されます。

 その子孝高官兵衛、長政の父は政職の家老の一人なります。そして姫路城の城代になります。小寺当主は御着城(姫路城の東側)を居城にします。

 祖祖父がどこから播磨国にやって来たかですが、黒田家譜(黒田家の記録)によりますと元々は近江国(滋賀県)の出身で、その後移動して備前国(岡山県)の福岡からとなっていますので信じましょう。

 

 長政は官兵衛の嫡男として永禄11年(1568年)に生まれます。幼名を(しょう)寿(じゅ)(まる)といいました。

 織田信長が足利義昭(15代足利将軍)を奉じて入京した年です。

 これから10年信長の勢力が強くなり、中国地方の雄である毛利氏と播磨国での攻防戦となります。播磨国の別所氏や小寺氏、摂津国の荒木氏も毛利氏に服属するか織田氏に服属するか迷います。

 上記三大名は当初は信長に服属したのですが、別所氏が離れ毛利氏に乗り換え、荒木氏も毛利氏に乗り換えようとします。

 両者は毛利氏の援軍に支えられて信長軍と戦闘になります。

 小寺政職は官兵衛のリードで信長に服属していましたが、政職は表向きは織田としながらも裏で毛利とも手を結んでいました。

 荒木村重が信長に反旗を翻したのは1578年で、予て交際のあった官兵衛が村重を翻意させるため村重の居城有岡城に赴くも、説得に失敗し、逆に拘束されてしまいます。

 信長は官兵衛が帰って来ないので官兵衛が裏切って村重についたと判断しました。

 さてここでです。

 小寺氏は信長に服属の証として信長に人質を出す必要がありました。本来は政職の子を出すのが普通ですが、子がひ弱との理由で家老の官兵衛の子松寿丸(長政)を出していました。

 信長は松寿丸処刑を命令します。松寿丸をあずかっていた竹中半兵衛(豊臣秀吉の軍師)が信長には処刑したと虚偽の報告をしました。

 秀吉も半兵衛も官兵衛が裏切るとは考えられなかったのです。

 荒木村重の有岡城陥落後官兵衛は助けられ、裏切りがなかったことが判明しました(1579年)。

 長政は九死に一生を得たのです。

 官兵衛も長政も生還しました。

 ここはドラマになるところです。

 この後官兵衛は秀吉への与力(実質家来)として秀吉軍の軍事作戦について軍師の役割を担います。

 この頃の官兵衛は信長より播磨国宍粟郡山崎で2万石の領地をもらっていました。主家の小寺家は信長に反抗したかどで逼塞してしまいました。

 

 長政の初陣は天正10年(1582)15歳の時、秀吉の備中岡山城攻めの時です。手柄は記録されていません・

 備中高松城の水攻めは官兵衛の献策とされています。

 ここで明智光秀の謀反で信長は本能寺で倒れます。

 毛利氏と和議して京に直ぐに戻って光秀を討つ案は官兵衛の献策と伝わっています。

 ご承知のように秀吉は山崎での戦いを制し光秀を倒して天下人への道を進みます。

 多くの武将が秀吉に服属し家来になります。

 官兵衛も長政も実質的にこれまでも家来でしたからそのまま秀吉の家来になりました。

 

 この後秀吉は次々に戦いに勝ちます。官兵衛、長政親子も参戦します。

柴田勝家との賤ヶ岳の戦いでは長政は450石の恩賞を得ます。

徳川家康との小牧長久手の戦いでは、参戦の機会がありませんでした。

紀州の雑賀へ攻撃では、恩賞として官兵衛には2万石で計4万石となり、長政には別に2千石の恩賞を得ました。

四国長曾我部攻めでは特段手柄なく恩賞なし。

ここまで官兵衛、長政親子は計4万2千500石で、戦国の小大名です。官兵衛は秀吉の軍師と言われながらさしたる領地をもらっていなかったのです。

次に九州の島津征伐です。ここで親子は手柄をたてます。秀吉の弟の秀長軍に属し、豊後、日向での活躍です。天正14年(1586)のことです。

恩賞があり、豊前6郡で12万石が与えられました。播磨での4万石余りから格段の出世です。

天正17年(1589)官兵衛は家督を長政に譲ります。長政22歳の時です。

この後秀吉は小田原の北条と戦います。官兵衛は秀吉の軍使として北条氏直  に降伏をすすめ聞き入れられ、小田原城開城となります。

戦後特に恩賞はありません。

この後秀吉は文禄・慶長の役(朝鮮出兵)を起こしますが、秀吉没で朝鮮半島から全軍引き上げます。もうこの時は黒田軍の大将は長政でした。

もちろん戦後領地の配分はありません。

 

秀吉没後、政権は徳川家康派と石田三成派に分かれての闘争となります。これが関ケ原の戦いになって行くのです。

家康派(東軍)には関東の多くの武将がつきます。関東での敵対勢力として会津の上杉景勝と上田の真田昌幸がいます。

三成派(西軍)には近畿、中国、四国の多くの武将がつきます。九州では数少ない東軍としては肥後の加藤清正と豊前の黒田長政(隠居の官兵衛)います。

関ケ原の戦いの勝敗はこの地政的な分派とは別に豊臣譜代の有力武将(大名)の中に絶対的に三成憎しの一派が出来上がっていったことです。この一派が家康についたことで決まりました。

 

この反三成派の代表が武闘派七将と言われる人たちです。

7人ですが2グループに分けましょう。

第1グループは加藤清正、福島正則、浅野幸長、加藤嘉明で、秀吉子飼いの豊臣家親藩の武将です。幸長は父親が秀吉の正妻ねねの義理の兄で、豊臣家二代の親藩です。

第2グループは池田輝政、黒田長政、細川忠興となり、池田は元信長の家来、細川も元信長の家来、黒田は秀吉に近い元信長の家来で、豊臣家の外様と言えます。

大名の規模では10万から25万石クラスの豊臣軍での中枢で、猛将と言われる武人たちです。

秀吉が決めた五大老徳川家康、毛利輝元、上杉景勝、前田利長、宇喜多秀家は大大名です。35万〜250万石のクラスです。

この七将が一致して打倒三成を掲げた理由は、朝鮮出兵の折、三成が目付として彼らを軍令違反ありとして秀吉に中傷し、秀吉からお咎めを被ったことへの恨みです。

家康は秀吉没後彼らを無罪にしました。

彼らは豊臣への恩顧の気持ちはありながら、三成憎し、家康への感謝の気持ちがありました。

七将は大名としては中堅の規模ですが、いずれも歴戦の勇士です。戦で家康の味方になれば家康の勝利は見えてきます。

 

天下分け目の関ケ原の合戦は、家康と七将(加藤清正は地元の肥後)が会津の上杉征伐で関東に遠征中に三成が打倒家康で立ち上がったことから起きました。彼らが下野(栃木県)小山に在陣中の時です。

家康が京、大坂に戻って三成と戦って絶対勝つためには、七将が味方になってくれることが最も大事です。

反三成でこれまで親密にしていましたが、秀吉の子秀頼を擁した三成一派の西軍と戦ってくれるかは分かりません。

家康は七将の内、第2グループの黒田長政、池田輝政、細川忠興は父親以来昵懇で味方してくれるものと確信していました。

しかし第1グループの福島正則は反三成とは言え秀吉の子飼いです。味方になってくれるか確信を得られません。尾張(愛知県)の清須城を居城とする正則が三成(西軍)につきますと大坂を目指す西上に差支えが出てきます。

 

しかし諸将を集めての小山会議で福島正則が一番に「家康に味方して三成を討つ」と表明しました。これによって真田昌幸以外の全武将が家康味方をその場で決します。

秀吉子飼いで加藤清正と並ぶ最も勇猛な武将福島正則が家康に味方です。外の武将も豊臣家への倫理感はなくなります。

 

実はこれは裏がありましてこの会議の前に黒田長政が正則を説得したのです。

二人は朝鮮でともに戦い強い信頼関係にあり、家康味方を会議で一番に発言してほしいと頼み、正則が受け入れたのです。

その後長政が西に向かって出発後に家康は正則の去就が未だ心配で小山に長政を呼びもどして正則が本当に味方してくれるか確かめます。

長政は「自分の命にかけて正則が家康味方を保証する」と言明します。

 

次に長政は三成派の調略に動きます。

それは小早川秀秋の東軍への寝返り工作です。小早川家は毛利一族ですが、

秀吉が秀秋を養子に送り込みました。秀秋は秀吉正妻のねねの甥です。最初は西軍につきました。

小早川家は35万石の大名で関ケ原合戦でも1,5万人を動員できる勢力があります。

ねねの説得で関ケ原の合戦中に東軍に寝返ったと言われています。

それもあったかもしれませんが、なにせ秀秋は頼りない人でどちらにつくか迷っていたのです。

長政は黒田家と親戚になる秀秋の家老を説得して東軍に寝返る約束を取り付けます。

合戦中の東軍への寝返りは大きく、東軍勝利を決定的なものにしました。

 

毛利一族の吉川広家は、三成の策動に乗った本家輝元に対して「家康への対戦はまずい」との見解で、当初より家康には味方を内通し、輝元にも軍を引くように説得していました。

しかし家康にとっては広家の内通は確証を得られず、対応に窮していました。

ここでも長政が登場します。広家と親の官兵衛とは昵懇で書面で情勢のやり取りがあります。長政は広家の家康味方の本心を知り、輝元が三成から離れたことも知り、それを家康に報告しました。

 実際、広家は関ケ原では軍を動かさず、毛利家の軍等2万人以上が参戦しませんでした。輝元も関ケ原に出陣せず敗戦後、大坂城を退城しました。

 

 そして長政の関ケ原合戦での武将としての活躍です。

 小早川秀秋が東軍に寝返る前には東西両軍が接戦の場面もありました。なん

と言っても大きな手柄は、黒田軍が石田軍の大将、三成の家老島左近を討ち取

ったことでしょう。左近は当時全国区で有名な武将です。

 合戦での第一の功労は誰か、寝返った小早川秀秋と言う人もありますが、敵

三成の陣地を崩し三成に次ぐ敵将を討ち取った長政は当時の恩賞査定では最大に評価されるものです。

 

 それでは家康の戦後の恩賞査定はどうだったのか見てみます。

 ここでは七将に限って見ます。

 福島正則は20万石から30万石加増の50万石、浅野幸長は22万石から15万石加増の37万石、加藤嘉明は10万石から10万石加増の20万石、

加藤清正は25万石から26万石加増の51万石です。以上は秀吉子飼いの大名です。加藤清正は関ケ原の本戦には参戦しませんでしたが、九州で西軍に味方した武将小西行長等の居城(留守部隊)を落城、開城させました。

 秀吉外様の池田輝政は15万石から37万石加増で52万石、細川忠興は12万石から28石加増で40万石です。

 さて黒田長政です12、5万石から39,8万石加増で52,3万石です。

 加増額も知行高も一番ですが、他の6将に比べてさして差はありません。

 長政は戦場での勲功だけでなく、すべて彼の調略によるものとは言えないかもしれませんが、福島正則、小早川秀秋、吉川広家を味方にした功労者です。

 更に九州で、豊前中津の父親官兵衛が西側の大友義統を破り、肥後熊本の加藤清正とともに西側地盤を席捲した功績があります。

 加藤清正はそれで加増されたのです。

 

 長政の西側への調略の功績と、官兵衛の九州での功績が加味されていないと後世言われます。

 しかし黒田親子には不満はなかったようです。

 戦国時代武士への加増は、原則味方勝利で味方大将の領地が広がることが前提で、そして当該武士の戦場での働きです。敵陣地を崩壊する又は城を攻落とす、開城させるに功績があったこと、更に有力な敵武将の首をあげることです。古来首をあげることは高く評価される功績となります。

 なぜなら有力武将を倒すことはほとんど敵をくずしたことになるからです。

 近代戦と違い大将や、有力武将が倒されると、家来の兵はみんな逃げてしまうからです。敗戦となります。

 

 総大将(ここでは家康)の参謀役(軍師)で又調略に従事して成功しても原則加増の対象にならないのが戦国時代です。

 官兵衛や竹中半兵衛が秀吉の参謀として、本多正信が家康の参謀として貢献しても戦場で手柄をたてないので大きな知行はもらえません。正信で1万石位です。

 官兵衛は秀吉の参謀役だけでなく戦場でも働き功績がありましたので九州豊前で12,5万石はもらえました。

 それでも秀吉の天下前から秀吉に仕えてあれほどの名士でありながら加藤清正の25万石、福島正則の20万石に比べて多いとは言えません。

 これは戦場での功績による勤務評定からです。

 

 今回の東西対決では官兵衛の九州での働きが功績として加味されていない点ですが、官兵衛が辞退したとの言い伝えがありますが、それはないでしょう。  

武将が戦場で評価された場合辞退などあり得ません。そうでない場合はあります。本多正信は参謀としての加増は辞退しています。

 これは大事です。

 この時代主人の参謀に終始する人は腰ぎんちゃくとして嫌われ、戦場に出る武将よりは自分を中傷されているのではないかとの猜疑心があります。

 これで加増されれば武将から嫌われ命も狙われます。

 石田三成がそうです。

 戦場での手柄がないのに秀吉に好かれただけで加増され加藤清正並みの知行で大名になって行きます。

 秀吉亡き後武闘派七将の三成への反抗はここにもあります。武将は戦場で命をかけてなんぼの世界が基本ですから。

 

 余談になりました。

 黒田親子は黒田家としての加増として満足したのです。

 もちろん査定に当たっては長政の関ケ原の本戦での手柄が一番評価されました。これは他の武将も認める手柄です。

 官兵衛の九州での対戦は黒田家の総合評価の中の一部でしょう。

細川忠興は関ケ原の功績で加増されますが、父親の幽斎が忠興の留守の丹後の居城を守り、1、5万人の西軍の兵を足止めにして関ケ原合戦に間に合わせなかった功績については、これだけでは評価されていません。忠興の関ケ原での功績がほとんどでしょう。

 

 七将との差はそれほどではありませんが、一番の加増と、知行高です。家康も七将間のバランスを考えたのでしょう。

 

 ただ長政は家康勝利で家康には計り知れない恩義をうりました。

長政は「この勝利は自分の智謀によって福島正則、小早川秀秋と毛利家を味方につけたことによるものである。家康、2代秀忠は分かっているがそれ以降分からなくなり、黒田家がないがしろにされる時があるかもしれない。関ケ原での勝利が長政の功績によるものと記しておく」との遺言状にしたためました。

 子孫が黒田家落ち度を言われて取り潰されそうになった時に使うようにと。

 

 官兵衛が今ひとつ知行高が延びず、長政で大きくなったのは二人の戦場での戦い方にもあります。

 官兵衛は戦場で大将として戦う時に先陣(先鋒)として先頭グループに入らず、後陣で指揮します。万石の武将はまあこれが普通です・

 長政は先陣で指揮します。非常に危険で官兵衛は大将は端武者ではないから猪突猛進で先頭に立って戦ってはならないと注意しますが、長政は聞きません。

 戦場では万石大名の大将やその息子は後陣に位置します。ただ大勝をしようと思う時は先陣で味方に前進を促します。大勝しませんと戦後の功績評定で大加増がなりません。

 長政は父親と同じく調略に長けていましたが、違いは戦場で荒武者のごとく

立ちふるまう猛将だったのです。

 官兵衛も最後は長政が戦場では自分より優れていることを認めています。

 

 最後にこの親子の逸話です。

 関ケ原合戦が終わり、二人は対面します。

 長政より父親官兵衛に報告します。

 「家康が自分の功労に感激して手を握ってくれた」

 官兵衛より長政へ

 「どちらの手か」、長政いわく「右手です」

 官兵衛、それを聞いて「その時お前の左手は何をしていたのか」

 そうです。官兵衛は左手で家康を刺し殺すことが出来たではないかと言っているのです。そうすればお前は殺されても家康が死ねば自分黒田官兵衛が天下をとると。

 これは後世の作り話でしょう。

 

 しかし官兵衛の処遇が今一つだったのは、秀吉からも家康からも策士として注意人物とみなされていたとの後世の人たちの見解です。

 

 如水は慶長9年(1604)に没します。

 元和元年(1615)の大坂の夏の陣も終わり、豊臣家は絶滅です。家康は翌年没します。二代目秀忠時代になります。

 長政は元和9年(1623)56歳で没します。

 二代目息子の忠幸が家来とトラブルで御家騒動を起こしますが安泰でした。

 黒田家は明治まで続くのですが長政の血筋は六代目までです。後は養子が継ぎます。

以上

 2021年8月14日

 

梅 一声

 

 

参考文献

 

〇「黒田官兵衛・長政の野望」  渡邉大門 平成25年 角川学芸出版

〇「黒田長政」 石川能弘  2002年 学習研究社

〇「黒田如水」海音寺潮五郎全集第17巻 海音寺潮五郎 1970年 朝日新聞社  

〇歴史街道―官兵衛と関ケ原 平成26年11月号 PHP研究所

〇「黒田家譜」 第一巻 川添昭二・福岡古文書を読む会校訂 1983年 

文献出版

〇「黒田如水傳」 子爵金子堅太郎 1976年 文献出版 

〇「戦国武将合戦事典」黒田長政 2005年 吉川弘文館

〇「黒田長政」菊池庸介―アジア遊学212 関ケ原はいかに語られたか

2017年 勉誠出版

〇「黒田軍団」 本山一城 2008年 宮帯出版

〇「黒田家文書」第一巻 本編